中断証明とは

| 未分類 |

車を所有する人は、自動車保険に入っている人がほとんどです。加入後は保険料が高いです。しかし、無事故であれば年々等級が上がり、掛け金も安くなっていきます。

 
車をずっと使用する生活ならば、その保険をかけ続けることに問題はありません。しかし転勤などで車の必要のない生活になって車を手放す、または海外に転勤になったなどの理由で車の使用を中断することもあります。その場合は自動車保険も不要になります。

 
自動車保険を解約することもできますが、中断する方法があるのをご存知でしょうか。これは、現在の状態を保持したまま最大で10年中断できるのです。また保険に入りたいと思ったときに、前のままの状態で加入することができ、新たに加入するよりも保険料を安くすることができます。

 
この証明を受けるためには、車をもっていないことを証明しなければいけません。廃車や返還などの照明が必要となります。その証明書を提示して、保険会社から発行してもらいます。発行は基本的に無料です。

 
将来、また車に乗るかどうかわからないという人もいます。しかし、この中断証明書は、中断した本人だけでなく、同居の家族も利用することができます。そのため自分の車の保険として使用することが無くても、自分より等級の低い家族に利用してもらうことも可能なのです。