環境に優しい、健康志向の高まりから、自転車に乗る方が増えています。その一方で、自転車が関連する事故の件数が、増え続けています。自転車同士、歩行者、もしくは車やバイクとの衝突により死亡するケースが年々増えています。

 
特にその犠牲となりやすいのが、高齢者や小さいお子さんそして若者です。最も衝突する可能性高いのが、自転車が安全確認を怠ったことが原因です。後方や前方をよく確認しないまま、進路を変える、道路を横断する自転車が多く、後方や前方から来ている車や歩行者、バイクにぶつかってしまうのです。

 
一時停止をするべき場所でしなかったこと、交差点を勢いよく曲がったことで、出会いがしらに衝突が起こるケースも多発しています。歩行者も利用する歩道を、かなりのスピードで自転車を走らせるため、歩行者と衝突してしまうケースも大変多くなtっています。

 
このような状況を受けて、自転車の運転に関するマナーやルールが厳しく規制されるようになりました。それでも自転車に乗る人が多くいる限り、その危険性を回避するのは難しいことがあります。そこで自転車保険への加入をおすすめします。単独で加入できるタイプもありますが、自動車保険の特約として付けることもできます。万が一のために、加入しておくと安心です。