自転車事故に備えるには、傷害保険と個人賠償責任保険の2つは必要です。傷害保険は、自転車に乗っていたり歩行中に自転車にぶつかったりした場合、自分に備える保険です。
個人賠償責任保険は、自転車事故で他人に怪我をさせたり、物を壊して法律上の賠償責任が発生した場合の支払いに備えるものです。

 
現在、保険商品としてはこの2つがセットになっていることが多いのです。民事訴訟では、死亡事故を起こした自転車の加害者に高額賠償金を命じる判決もあります。これは支払い能力のない未成年者とて例外ではありません。自転車の事故が増加している理由の一つには、ドライバーと自転車の双方に自転車特有の危険性について、認識が不足していることです。

 
自動車が通る風圧でふらついたり、路面の段差やでこぼこなどでバランスを崩し転倒する。自転車に乗ると視界が狭く周囲がよく見えない。また車体が小さく車からは見落とされやすいのです。自転車は車両であることの意識が薄く、歩行者と同じように行動している。信号無視や見通しの悪い交差点での一時停止を怠り、安全確認の不十分、右側通行などの法令違反が多いことです。
自転車は、最初から危険をはらんでいる乗り物であるということを認識し、通行ルールを守ることです。