自転車に乗っている時に、転んでケガをしたり、他人にケガをさせてしまったりすることがあります。相手に重いケガを負わしてしまう場合もあり、賠償額がとても高くなるケースもあります。

 
そのような場合に補償してくれるのが自転車保険になります。現在、個人向けの自転車総合保険を取り扱っている保険会社はほとんどありませんが、自転車向け保険というものや、傷害保険やレジャー保険で損害賠償をしてくれるものもあります。

 
また、個人賠償責任特約でも自転車事故の損害賠償をしてくれます。個人賠償責任特約は、自動車保険や火災保険の特約として付けられるものです。自転車に乗っていて、他人にケガをさせたり、モノを壊した場合の損害賠償に備えてくれます。保険料は安く、対象となる人の範囲が広いのが特徴です。配偶者や同居の親族、生計を一にする別居の未婚の子も対象となります。

 
注意点は特約という点で、自動車保険を解約すると個人賠償責任特約もなくなってしまうのです。それは火災保険の特約につけた場合も同じです。保険解約時には、この特約のことを忘れないように注意が必要です。
自転車保険を検討する場合、まずは契約している自動車保険や火災保険に個人賠償責任特約がついてるかどうかを確認してから、傷害保険やレジャー保険を検討することとなります。