» 未分類のブログ記事

自転車に乗っている時に、転んでケガをしたり、他人にケガをさせてしまったりすることがあります。相手に重いケガを負わしてしまう場合もあり、賠償額がとても高くなるケースもあります。

 
そのような場合に補償してくれるのが自転車保険になります。現在、個人向けの自転車総合保険を取り扱っている保険会社はほとんどありませんが、自転車向け保険というものや、傷害保険やレジャー保険で損害賠償をしてくれるものもあります。

 
また、個人賠償責任特約でも自転車事故の損害賠償をしてくれます。個人賠償責任特約は、自動車保険や火災保険の特約として付けられるものです。自転車に乗っていて、他人にケガをさせたり、モノを壊した場合の損害賠償に備えてくれます。保険料は安く、対象となる人の範囲が広いのが特徴です。配偶者や同居の親族、生計を一にする別居の未婚の子も対象となります。

 
注意点は特約という点で、自動車保険を解約すると個人賠償責任特約もなくなってしまうのです。それは火災保険の特約につけた場合も同じです。保険解約時には、この特約のことを忘れないように注意が必要です。
自転車保険を検討する場合、まずは契約している自動車保険や火災保険に個人賠償責任特約がついてるかどうかを確認してから、傷害保険やレジャー保険を検討することとなります。

 

 

 

 

 

自転車事故に備えるには、傷害保険と個人賠償責任保険の2つは必要です。傷害保険は、自転車に乗っていたり歩行中に自転車にぶつかったりした場合、自分に備える保険です。
個人賠償責任保険は、自転車事故で他人に怪我をさせたり、物を壊して法律上の賠償責任が発生した場合の支払いに備えるものです。

 
現在、保険商品としてはこの2つがセットになっていることが多いのです。民事訴訟では、死亡事故を起こした自転車の加害者に高額賠償金を命じる判決もあります。これは支払い能力のない未成年者とて例外ではありません。自転車の事故が増加している理由の一つには、ドライバーと自転車の双方に自転車特有の危険性について、認識が不足していることです。

 
自動車が通る風圧でふらついたり、路面の段差やでこぼこなどでバランスを崩し転倒する。自転車に乗ると視界が狭く周囲がよく見えない。また車体が小さく車からは見落とされやすいのです。自転車は車両であることの意識が薄く、歩行者と同じように行動している。信号無視や見通しの悪い交差点での一時停止を怠り、安全確認の不十分、右側通行などの法令違反が多いことです。
自転車は、最初から危険をはらんでいる乗り物であるということを認識し、通行ルールを守ることです。

 

 

 

 

 

自動車の事故というのはいろいろあります、その中で、もしも盗難に遭ってしまった場合にはどうしたらよい}PgžxQのかまとめてみました。

 
自分の車が盗まれていることが発覚したら、速やかに警察に通報します。そしてその車が盗まれてしまった場所を管轄する警察署、または最寄りの交番にて被害届を提出することになります。

 
被害届には、自動車登録番号や自動車車体番号、そして年式や色などの特徴について細かく記入していきます。また、車が盗まれた場所や推定時間、そして車内に置いていた貴重品や所持品なども申し出る必要があります。特に車については書類を見ないとわからない部分も多いですので、常日頃から車検証や自動車損害保険証書のコピーを自宅に用意しておくと便利です。

 
このように警察に届け出を行い、そのあとで保険会社にも連絡する必要があります。よく、警察に届け出る前に保険会社に連絡をする方がいますが、まず警察に届け出を行わない限りは保険金は出ませんので注意が必要となります。

 
万が一車を盗まれてしまった場合のことを考慮して、車両保険や身の回り品補償特約といった保険に加入しておくと安心です。こういった保険に入っていないと保険金が下りずかなりの損をしてしまうことになります。

 

 

 

 

 

環境に優しい、健康志向の高まりから、自転車に乗る方が増えています。その一方で、自転車が関連する事故の件数が、増え続けています。自転車同士、歩行者、もしくは車やバイクとの衝突により死亡するケースが年々増えています。

 
特にその犠牲となりやすいのが、高齢者や小さいお子さんそして若者です。最も衝突する可能性高いのが、自転車が安全確認を怠ったことが原因です。後方や前方をよく確認しないまま、進路を変える、道路を横断する自転車が多く、後方や前方から来ている車や歩行者、バイクにぶつかってしまうのです。

 
一時停止をするべき場所でしなかったこと、交差点を勢いよく曲がったことで、出会いがしらに衝突が起こるケースも多発しています。歩行者も利用する歩道を、かなりのスピードで自転車を走らせるため、歩行者と衝突してしまうケースも大変多くなtっています。

 
このような状況を受けて、自転車の運転に関するマナーやルールが厳しく規制されるようになりました。それでも自転車に乗る人が多くいる限り、その危険性を回避するのは難しいことがあります。そこで自転車保険への加入をおすすめします。単独で加入できるタイプもありますが、自動車保険の特約として付けることもできます。万が一のために、加入しておくと安心です。

 

 

 

 

 

最近、自転車による事故がニュースでもよく取り上げられています。

 
誰しも歩道を歩いているときに、歩行者の間を縫うようにして高速走行する自転車にヒヤッとしたことがある一度や二度はあるものです。

 
自転車事故は誰にとっても人ごとではありません。加害者にも被害者にもなる可能性があるからです。

 
実際のところ、自転車によって人生が大きく狂ってしまうことがありえるのです。

 
たとえば2007年には、信号を無視して高速で交差点に進入した男性が、青信号で横断歩道を横断していた55歳の女性と衝突、女性は頭蓋内損傷等で死亡し5438万円の賠償を命じられる判例が東京地方裁判所で出ています。

 
マナーを無視した自転車走行は、他人の人生を事故によって悲惨な形で終わらせてしまうだけでなく、加害者にも一生にわたって良心の呵責や重い経済的負担を背負わせることになるのです。

 
全国の警察は現在も街頭で道行く人々に注意を呼びかけていますが、残念ながらクルマやバイク利用者と比較すると自転車利用者はまだまだモラル意識が低いといえます。

 
それで、自転車通勤をしている方、自転車で買い物によく行かれる方、人通りの多い場所に徒歩で出掛けることが多い方などは、自転車保険の加入を考慮することができます。

 

 

 

 

 

デスク01こ最近ニュースなどでも取り上げられることが増えてきたのは、自転車事故やマナーに関することです。歩行者との衝突事故が増えたことにより、路上での走行が厳しく規制されています。自動車との衝突事故も増えているため、保険の必要性が強調されているのです。

 
自転車に関する保険としては、自転車総合保険というものがありました。現在も残っている商品はありますが、損保会社で取り扱いが少なくなってきている保険です。以前は自転車保険として加入している人もいましたが、採算が合わないなどの理由で販売中止となっている会社が多いのです。

 
一般的な自転車の保険内容に関して情報提供しておきます。自転車に乗っている際のケガの補償をしてくれます。自分が歩行に中自転車にはねられた際のケガも補償すしてくれます。
また、自分が自転車に乗っている時の損害賠償事故補償もしてもらえます。一般的に対人賠償・対物賠償と呼ばれているものです。

 

 
しかし、この補償プランの保険が減少しているということは、自転車の事故が頻発している中で困る人が増えてしまいます。そこで代替する保険が新登場しているケースが見られるのです。
傷害保険という扱いの中で、自転車事故の補償もしてくれる保険商品です。保険料も1000円以下と割安な商品が多いため、最近人気があります。

 

 

 

 

 

自動車保険をご利用中の方に中断証明書と言うサービスの説明をします。 これは自動車保険を利用中に車の廃車や長期海外に行ったりリース車等で変換の際に保険を解約せず保険等級を現状のままにしておくサービスです。このサービスを利用すれば再度自動車保険加入の際に新規よりも保険料が安くなる事が多い場合ようです。 条件が色々あり各保健会社により違いますが、保険等級がある一定に満たない場合など色々な条件があります。契約中に保健会社窓口に問い合わせる必要があります。

 

取得手続きを保健会社で行い、中断前の保険証券の写しが必要になったり、車の廃車や譲渡、返還などの証明書が必要になります。 それらが完了し証明を取得出来れば基本的に10年以内の場合、再度同じ等級で保険を再度加入する事が出来ます。 保険開始にも色々な条件があり保健会社により若干異なる場合がありますが車の所有者、保険の被保険者、車の用途や車種区分が同じ場合。海外渡米の場合は帰国後1年以内など色々な条件があります。これらを満たし認められた場合、保健会社から前と同じ条件の保険を開始できると言うサービスです。 今まで保険を使わず等級を上げた方や、余り等級が高くない方も車を1時的に手放す際に解約ではなく保険会社等に相談する事をお勧めします。

 

 

 

 

 

様々な理由で、一時的に自動車保険を解約せざるを得ない状況になる場合があります。しかし、きちんと手続きをおこなえば再契約する時に等級が引き継げます。中断しておける期間は最長で10年なので、積極的に活用すべきだと言えます。

 

 
その方法は、中断証明書を発行するという方法です。車種などの細かい条件は各損保会社によって異なりますが、基本的に保険の解約日、満期日までに車を手放している方と7等級以上の方が対象になります。これは、新規加入の場合6等級からスタートとなるため当然のことです。テーブル

 

 
必要となる書類は発行依頼書と中断前の証券の写し、契約していた車両が廃車、譲渡または貸主に返還されていることを証明する書類となります。中断と聞くと、同じところでしか再開出来ないのかと思いがちですが、基本的にどこでも再開することが出来ます。

 

 
つまり、7等級以上の等級を持っていて車を手放そうと考えている方はこの方法を活用すべきです。しばらくは運転しないつもりでも、10年という長い期間で生活に変化がある場合もあります。不要になれば利用しないという手もあるので、等級の引き継ぎによる将来の割引券として手元に置いておくというのも、選択肢の一つとして考えておくべきだと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中断証明とは

| 未分類 |

車を所有する人は、自動車保険に入っている人がほとんどです。加入後は保険料が高いです。しかし、無事故であれば年々等級が上がり、掛け金も安くなっていきます。

 
車をずっと使用する生活ならば、その保険をかけ続けることに問題はありません。しかし転勤などで車の必要のない生活になって車を手放す、または海外に転勤になったなどの理由で車の使用を中断することもあります。その場合は自動車保険も不要になります。

 
自動車保険を解約することもできますが、中断する方法があるのをご存知でしょうか。これは、現在の状態を保持したまま最大で10年中断できるのです。また保険に入りたいと思ったときに、前のままの状態で加入することができ、新たに加入するよりも保険料を安くすることができます。

 
この証明を受けるためには、車をもっていないことを証明しなければいけません。廃車や返還などの照明が必要となります。その証明書を提示して、保険会社から発行してもらいます。発行は基本的に無料です。

 
将来、また車に乗るかどうかわからないという人もいます。しかし、この中断証明書は、中断した本人だけでなく、同居の家族も利用することができます。そのため自分の車の保険として使用することが無くても、自分より等級の低い家族に利用してもらうことも可能なのです。